4/14 不動産投資面談~投資物件としてはありえない

今日は朝から子供たち朝勉。土曜日にお出かけした影響で、長女は土曜日の塾を休んだので、金曜日の塾の宿題、土曜日の授業内容理解、宿題って感じで、夕方までずっと勉強してました。中2の数学を先取りしてるのですが、証明問題で長女が少し手こずっています。型を覚えればいいんですけどね。

次女も中学文法の復習でニューコースをやっていますが、英検と違い、ライティング問題が多く、手こずっています。三女も算数の文章題が苦手で手こずっていて、今日は子供たち3人とも、勉強終わるのに時間がかかってました。

午後からは友人からの紹介でリノシーの面談をしました。リノシーはワンルーム投資サービスを提供している会社。不paypayが5万ポイント付与されるので、面談しました。面談までの流れは

①申し込み(紹介コード記載)
②電話で面談日程や申し込みに至った経緯をヒアリング(30分)
③面談(会社概要、サービス内容、不動産投資のメリット)(90分)
④面談2(不動産投資デメリット、物件紹介、投資判断)(60分)

今日は③を受けました。受け止め方は人それぞれでしょうが、自分的には投資する価値は見出せませんでした。理由は下記。

(a)ワンルームマンション投資。表面上は利回り4%だが、固定資産税、修繕費、入居者の入れ替え費用を考慮すると、毎月2万程度のキャッシュアウトが発生。(35年間)。総額800万ぐらい?
(b)35年フルローンで中古ワンルームを購入するが、収入が発生するのはローン完済後。つまり35年後に家賃収入が入ってくる。
(c)35年後に売却し、購入時の50%で売れた場合、2500万円で購入した場合、1250万円で売却。減価償却による資産価値を超えた売価に対して、売却税(22%)がかかる。35年後に資産価値が850万円のものを1250万円で売却すると、(1250-850)×22%の税金がかかる。
(d)不動産売却手数料もかかる。

面談1回目で不動産担当者が説明してくれるのは(b)/(c)のみ。(c)の売却税の話はしてくれません。自分で気になって調べました。ってか黒字の要素が35年の完済してからで、売却税や不動産売却手数料を考慮すると、手元に残るのは100~200万程度。割に合わないなといった感じです。

ワンルーム投資している人をyoutube等で調べましたが、支払い費用を加味しないで儲かったと言っている人が多そうですね。NISAをやっているほうがまだましかと思いました。④の説明を受けても、この考えは変わらないと思う。さて、今日の家計簿ですが、

合計:0円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

関連記事