3/1 現状維持は劣化の始まりと言われるが。。

先週末にXを眺めていたら、PuANDAさんのtweetが目に留まった。

『「自分が好き」「今の感じでOK」の状態を長く保つと幸福度が上がる。「このままじゃダメだ」状態が成長を生むのも事実だが、自己否定が50%を超えてくるとメンタルに負荷がかかるので、』

このままじゃダメだと思うことが少なくなった。『仕事で頑張った先にあるものが自分にとって本当にやりたいことなのか?』と考えるようになってからでしょうか。『現場の仕事はもういいから、マネージメントしてくれ』とよく言われる。50代の管理職がうまく回ってないのをみて、部長から自分に色々依頼が飛んでくる。管理職をサポートするので、今の体制でお願いします。と言ってやんわり断っている。

50代の管理職からはサポートの感謝されるし、余計な社内会議にもでなくて済む。査定に影響あるぐらいだが、会社の給料にあまり興味が持たなくなった。家族との時間が確保できる今の体制が良い。と思いながら、ここ半年ぐらい仕事をしている。嫁さんの家事育児もサポートできて、家族にとっては良い感じ。

昔だったら、自分のできることが普通にみんなできていたことが、優秀な技術者は管理職になり、現場を離れてしまい、よくわからなくなる。自分たちが新人だったころのおじさんは定年退職。といった感じで、技術者不足が顕著化している。マネージメントでなくても、技術的要因を抑え、10人以下のメンバーを管理できれば、食いっぱぐれることないなと思っている。正直、これ以上大きなプロジェクトには興味がなく、現状維持で良いかなと感じている。

さて、今日の家計簿ですが、

合計:0円

応援よろしくお願いします。 → 節約ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

関連記事